新着情報

サンタクロースからの贈り物【番外編】 昨今のペット飼育事情について? 〜迷子ペット様にまつわる事〜

それは、契約を交わす以前の無料相談電話に潜む。

「迷子ペット様の無料相談で、わざわざ現地や飼い主様の元に赴く業者は限りなく少ないのが現状です」

ヒアリング料金や交通費等の諸経費を前払いさせた上でなら渋々応じる業者はあるかもしれないが、それでは儲けは少ないし、そもそも無料相談では無くなる。

「想像するに、時間を使って訪問したところで、必ずしも契約に結び付く確証はないというのが主な理由でしょうね」
「T様、不届き業者の悪質ロジックをよくお分かりですね」
「え! そ、それはですね……」

もしかしたら悪い人間じゃないかと疑惑を持たれて、狼狽したのだろう。
T様は、まごまごと声を震わせた。

「えっと……うんと……自分がそうされたらイヤだなあという事を想像してですね……」
「まさしく、その想像力が大事なんですよ。焦りは、正しい判断を惑わしかねないので」

何度でも述べるが、なにせ、悪質な業者ほど口は達者なのである。
時には親身ぶってみたり、時には不安を煽ってみたりしながらご相談者様の弱みにつけこみ、ああだこうだと契約に誘導するのは朝飯前。
だから、一度や二度の問い合わせや無料相談電話『だけ』で、信用出来ると判断するのはお勧めできない。

必然、的確なアドバイスも期待しない方が賢明だという事にT様が気づいた。

「そっかあ……。無料相談電話の段階でアドバイスをするにしても、発見・保護に繋がる肝心な部分を業者が話すわけがないですもんね。迷子だったペットが見つかってしまったら、契約がパアになってしまいますからね」
「ホームページ上に在る『無料相談』という言葉の裏には、そういった業者の営利欲が渦巻いているのです。ですから、電話対応『だけ』でご依頼を決断するならば、それを見極める目と、T様が先程仰った想像力が必須となるのです」
「その点、メビー・ラックさんは店舗を構えているので、契約前に無料相談に来る事が可能ですね」

メビー・ラックは無料相談電話を受けても、早々に契約を迫る事は一切ない。
ペット探偵業で私腹を肥やしている脆弱な他業者と違い、メビー・ラックはペット様に関する幅広いパートナーとしての営業努力で成り立っているからだ。

そもそも論で言えば、迷子ペット様の捜索は、あくまで困っている飼い主様への選択肢の提供に過ぎない。
なので、メビー・ラックでは、ご相談の段階において知識や経験を余すことなく提示する。
出来るアドバイスは全てさらけ出して、飼い主さん自らの手で捜索を継続してもらいたいからだ。
心ない業者に多額で無益な支払いをするくらいならば、迷子ペット様の無事発見・保護に繋がる有益な資金にして欲しいという願いも兼ねている。

今一度Nの言葉を借りれば、そう。
究極、迷子ペット様を最後まで捜してあげられるのは飼い主様しかいないのだから。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉