新着情報

ペット様と暮らすこと

ペット様と暮らすこと??
それが、人にどのような影響を与えているかについての科学的な研究は、近年、多角的な分野から行われています。

忙しない毎日を送る現代人にとって、共に暮らすペット様の存在の大きさは計り知れないものになっていて、たとえば心理面の影響としましては、『癒し』の効果を実感なされている飼い主様が多いのではないでしょうか。

また、様々な場面における人間関係の構築が希薄化しつつある昨今、一昔前に比べれば、ペット様へ寄せる愛情の度合いもより深みを増してきていると私自身も実感します。
少子高齢化社会問題が無視できないこれからの日本においては、その傾向は、ますます高まっていくのかもしれません。

さて。
医学的観点から見た研究結果の一例として興味深いのは、ペット様の存在が人の健康面に影響を与える、というものです。
実際に数値として立証されているものとしましては、ストレスの軽減効果があります。
ある研究結果では、15分から30分程度犬様を撫でると、血圧が10パーセント下がることが分かったそうです。
猫様と暮らしている飼い主様は、心臓発作での死亡率が40パーセント近く減少するという研究結果が出ていて、ただただ驚きを隠せません。

給餌やトイレ掃除など、ペット様のお世話に伴う生活リズムの安定が副交感神経の活性化に繋がり、結果的に、飼い主様が快眠・快食になるという例も好影響の一つと言えるでしょう。
犬様と共に暮らす飼い主様は、毎日のお散歩で、運動不足のケアにもなります。
特にご高齢である飼い主様の方々にはそれが顕著に現れるらしく、病院への通院回数が少ないという結果が認められているそうです。

ペット様と暮らすことは、お子様への好影響も期待できるでしょう。
ペット様と暮らす日々の中で養われる非言語コミュニケーション能力は、お子様の感受性を豊かにします。
それは、ぬいぐるみや人形を相手にするよりも、はるかに貴重な体験となり得ます。
命あるペット様と接する日々は、お子様に思いやりの心を育むことでしょう。
実体験としましても、メビー・ラックをご利用頂いている飼い主様のお子様たちは、とても心穏やかで優しさに満ちた印象です。

アニマルセラピーという治療法も、一定程度の効果が期待できると言われています。
不登校のお子様や一人暮しのご高齢者様がペット様と触れ合うことで、彼らが抱える孤独感・疎外感が緩和されるという結果報告には、素直に頷ける私がいます。
がん患者様や精神病患者様への治癒的効果が認められている点には、現代社会におけるペット様の存在意義が高まっている事実と共に、感銘を覚えざるを得ません。

今、あなた様の傍に寄り添うペット様は、どんな目であなた様を見つめているでしょうか。
その目を見ればきっと、上記に綴った好影響以上に、あなた様にとって大切な存在であると再認識なさることでしょう。
互いに心地よい存在であり、互いによろこびの存在であるに違いありません。

それはなぜか――
あなた様の傍に寄り添うペット様は、自らが選んで、あなた様と共に暮らしているからです。
あなた様は、あなた様の傍に寄り添うペット様と、出逢うべくして出逢っているからです。
その絆は、どんなことがあっても途切れることはないのです。

私は、そう信じて疑いません。

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉