新着情報

ミニチュアホース様の逸走 2

迷子ペット様捜索については、これまでのブログでも度々触れているように、誠実な捜索を行わない業者が多い。
詐欺にも似た、いい加減な捜索が横行している現状がある。
そのせいで、迷子ペット様が未発見のままになってしまった飼い主様からのご相談を頂くことが多い弊社としては、当該ペットショップが”安易”に『ペット探偵』業務を行っていることを、決して軽視できない。

誤解を恐れず”安易”だと表現する根拠としては、前回ブログ『ミニチュアホース様の逸走 1』で書いた通り、当該ペットショップがミニチュアホース様を逃がした事実があるからだ。
迷子ペット様の捜索業務を行うプロが逃がすなんて……。
メビー・ラックにて同業務およびペット様のお預りに携わっている私としては、はっきりいって開いた口が塞がらない。
一度だって、起こしてはいけない過失である。

同ペットショップのホームページにある『ペット探偵』欄には、下記の文言が謳われている。

・経験豊富なスタッフによる高い発見率!
・信頼
・実績
・ベテランスタッフ総力を挙げて捜索します
・一刻も早い対応がカギです! 迷わずご連絡ください

個人的に理解不能なのだが、具体的な捜索時間・捜索人数・金額表示が見当たらない。
経験上、迷子ペット様の目撃情報電話は、時間を問わずにかかってくるので当方では24時間体制なのだが、このペットショップの営業時間は朝10時〜夜8時までとなっている。
まさかとは思うが……その営業時間以外の目撃情報電話には対応しないということか。

捜索時間もその通りだとすると、人気が少ない深夜帯に姿を現す傾向にある迷子ペット様の場合には、その時間帯については未捜査ということになる。
そうなると、必然、未発見に繋がる確率が上がってしまう可能性が考えられる。

にもかかわらず、高い発見率を誇っているのには、首を傾げるばかりだ。
迷子中によもや”命”を失ってしまうかもしれないペット様の捜索を、自分たちの管理不行き届きが原因でミニチュアホース様を逃がしてしまうような”経験豊富なスタッフとベテランスタッフ”に任せるには、不安しかちらつかない。

お節介ながら。
不安と憔悴の最中にある飼い主様の中で、もしもこの業者に迷子ペット様捜索を依頼する方がいるのなら、上記の点を含めて、契約前によくよく確認をなされた方がいいだろう。

また。
同ペットショップはブログをやっているらしく、そちらにも目を通したのだが、ミニチュアホース様を逃がした今回の騒動についてはまるで触れられていない。
自社の宣伝・販促目的の記事はしっかりと更新されているのだが、今回の騒動を起こしたことへの反省・今後の逸走防止対応などの誠実な意思表明がないのが、至極不安で残念無念ある。

このような態度の業者が展開しているペットシッターやペットホテルに、誰が安心して預けることができるというのか。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉