新着情報

出逢うべくして出逢う 2

私自身が、『出逢うべくして出逢う 1』に綴ったような心境までに至るには、ある特定の出来事を経験しただけでは辿り着けなかっただろう。
たとえば、殊更に感動的であるとか、身を削るほどの献身だとか、ふがいなさに溺れるだとか、身を焦がす想いに悶えるだとか、涙枯れるまで震えるだとか、そういった劇的な出来事の経験も要であったのは間違いない。

だが。
それらと等しく、人生の機微に通じた様々な出来事の経験に目を向けて生きてきたこともまた、重要であったと考える。
そう、すべての出来事においてムダなことはないのだ。

私の場合に話を戻せば。
”迷子ペット様捜索”の経験が、今の自分を形成する貴重な経験である。

”迷子ペット様捜索”の過程には、悲喜こもごもの実態が待ち受ける。
それらのことについては、

・『「はじめまして」が繋ぐもの』シリーズ
・『サンタクロースからの贈り物』シリーズ
・『サンタクロースからの贈り物【番外編】』シリーズ
・『たとえ離れていても』シリーズ(連載中)
・『減らない迷子ペット様
・『飼い猫様の窃盗』シリーズ(連載中)

などの過去ブログでも触れてきた。

また。
認定ペットシッターの集い2015』にご参加頂いた皆様へ』でご紹介したようなセミナーの類に講師として招かれた場でも、”迷子ペット様捜索”にまつわることの実情をお話させて頂いているし、メビー・ラックにご来店なさる飼い主様方にも、折に触れ、そういったことに関係する会話を提供させて頂いている。

とはいえ。
それらの機会に話したことは、極々一部に過ぎないし、一つ一つの”迷子ペット様捜索”の実例を挙げればきりがない。
それでも、迷子ペット様自身や飼い主様方のために、当ブログを含め、これからも語っていくつもりでいるので、都度都度ご参考にして頂ければと思う。

さて。
そんな私は先日も、とある場所で、迷子猫様の捜索に着手した。
その最中に起こった出来事にもまた、貴重な学びを得たので、ご紹介をさせて頂く。

ただし。
プライバシー保護や個人情報保護の観点から、詳細に書けない部分もあることはご了承頂きたい。
加えて、興味本位による場所の特定も避けたい。

であっても、だ。
私だけの経験として綴るだけではなく、このブログに目を通して頂いている方々(とくに、ペット様とお暮しになっている飼い主様方)にとって、なにかしらの学びや気づきになれたら幸いだという想いがあるので、可能な範囲で書いていくつもりである。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉