新着情報

犬様同伴のお花見

見上げれば桜色、眼下には様々なレジャーシート色が公園内を彩る季節。
桜の開花を迎えた今週末の井の頭公園は、例年通り、お花見客で大賑わいです。

近隣にお住まいの犬様のお散歩コースとして、普段から人気がある井の頭公園。
週末やこの時季は、遠方からいらっしゃったらしき犬様連れの方々も多く見かけます。

私達メビー・ラックにとっての井の頭公園。
それは、当ホテルにご宿泊の犬様・お散歩代行に伺っている犬様などの散歩コースの一つで、よく訪れる場所です。
なので、顔見知りの犬様や飼い主様も少なくありません。

必然、本日ご宿泊の犬様のお散歩中にも、顔見知りの方々とお会いしました。
挨拶がてらに交わした話題の中心は、首題の件でした。

ちなみに、井の頭公園にはドッグランが併設されているわけではありません。
敷地内の看板には、『ノーリード散歩でのトラブル』に関する注意喚起もあります。
にも関わらず、ノーリード散歩をしている飼い主様がゼロになることはありません。
ある飼い主様は、過去に、ノーリードの犬様に愛犬を咬まれてしまったと嘆いておりました。

ほかにもマナーの悪い飼い主様はいて、犬様の排泄物を未処理のままにするなど……。
とにかく、そういったマナー違反の飼い主様は週末やお花見時期に増える傾向にあり、近隣住民の悩みの種になっています。

当然ですが、世の中には犬様を苦手に思っている方もいらっしゃいます。
公園内には、ご年配の方や幼いお子様方もたくさんいらっしゃいます。
対して、マナーを守らない一部の飼い主様も未だ減らない為に、時折、トラブルが起こるのです。

「犬様のことを思えばこそ、特に公共の場でのノーリード散歩にメリットは何もないのにねえ」

顔見知りの犬様を連れた飼い主様とそんな会話をして、別れた後のことでした。

井の頭公園内の池のほとりで、一人の女性が必死になって桜の写真を撮っているのを見かけました。
ふと足元に目をやると、一匹の犬様がいました。
しかもノーリードで……。

何かあったら大変だと、声かけをしようとした矢先でした。
その犬様は突然、通りかかったほかのお散歩犬様の後を追いかけていったのです。
女性は撮影に夢中になるあまり、その事態に気づいていません。

瞬時、スタッフNが先回りし、その犬様を保護しました。
別のスタッフが、飼い主だと思われるその女性に話しかけました。
女性は少し驚いたご様子でしたが、直ぐにご自分の犬様がいない状況を把握し、保護したスタッフにお礼を告げました。

事なきを得てほっとしたのも束の間。

ほど遠くない場所で、池の淵に立てられた柵の上に犬様が乗せられているのを発見致しました。
乗せたのは、桜の景色をバックに愛犬の写真を撮ろうと夢中になっているカップル様だと判断できました。
犬様の首には長めに伸ばした伸縮リードが繋がっていて、その先をカップル様が握っていたからです。
その犬様は明らかに恐怖で震えていました。
ところが、あろうことか、怯える犬様を見て高笑いしているカップル様……。

何かの拍子で犬様が柵の上から落ちて、そのまま首吊り状態になっては一大事!
スタッフの誰よりも早く、メビー・ラック代表の岡村が動きました。
ほぼ同時に、犬様が池に落ちてしまった場合に備えて、別のスタッフが池の柵に注意を向けました。

岡村は柵の上の犬様を驚かせないようにしながらカップル様に近づき、すかさず危険を知らせました。
しぶしぶ撮影を諦めたカップル様は、不機嫌そうに犬様を抱きあげて、無言で去っていきました。
そのカップル様の手には、飲みかけのアルコール飲料缶が握られていました。

ああ。
せっかくの桜を愛でる季節に、たまたま出会った二匹の犬様と一人の女性とカップル様。
皆様が不幸な事態に見舞われなかったのは本当に幸いでした。

さあ。
待ち焦がれた桜を愛でる季節です。

がっ!
犬様同伴のお花見の際には、皆様どうぞお気をつけ下さいませ。
老婆心ながら、良き思い出を作って頂きたいと存じておりますので。

76728

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉