新着情報

飼い猫様の窃盗 31

飼い主様から伺ったヒアリングによると。
捜索対象猫様が逸走してしまったのは、54日前の20時頃だそうです。

状況としては、仕事から帰宅した飼い主様が洗濯物を取り込む際に開けた窓からの逸走だろう、ということでした。
捜索対象猫様が窓から逸走した姿を、飼い主様はリアルタイムで目撃していませんが、洗濯物を取り込み終えて室内に戻った後、猫様の姿がないので、もしかしたら庭に出てしまったのではないかと気づいた経緯です。

逸走現場は、ペット飼育可の一人暮らし用のアパート一階で、一階部分・二階部分共に四世帯ずつ、合計八部屋あります。

この物件の一階にはちょっとした庭がついていて、両隣との境はフェンスで囲われています。
フェンスの網目は細かい作りである上、網目が広がって穴になっている箇所はありません。
しっかりとした作りなので、捜索対象猫様がフェンスの下からくぐるのは難しそうでした。
とはいっても、登ることは可能といえます。

飼い主様が住まわれている部屋はアパート一階で、道路から見て一番奥に面しています。
庭部分の正面側には背の高い樹々が植わっていて、広い庭付きの一軒家が建っています。

庭の右側の部屋は現在空室で、誰も住んではいません。
とはいえ、退室してから一ヶ月弱ということで、さほど荒れた状態ではないし、残置物もありませんでした。
捜索対象猫様が隠れられるとしたら、エアコンの室外機くらいしか考えられません。

その隣の部屋や、そのまた隣の部屋には住人がいて、それぞれの庭は、丁寧に管理されています。
そうはいっても、ガーデニング用品の木箱が積み重なっていたり、小型の物置が置いてあったりはするので、捜索対象猫様が身を隠すには苦労しないでしょう。

庭の左側はべつのアパートが建っていて、そちらには庭と呼べるものはありません。
敷地内の狭い範囲に、雑草が生えている程度の敷地でした。

こちらのアパートは、飼い主様が住まわれているアパートよりも築年数が古く、一階部分・二階部分共に五世帯ずつ入居できるようですが、合計四部屋は空き室状態です。
玄関前の廊下には、自転車をはじめとするいろいろな物が散乱していますが、その多くは、よっぽどのことがない限り動かすことがないであろう物ばかりでした。

そのアパートのプロパンガス置き場は、ちょっとした小屋作りになっているのですが、ところどころ木が朽ち果てているので、猫様なら入り込めそうでした。
陽当たりが悪いせいで湿気臭く、じめっとした雰囲気なので、お世辞にも快適とはいえませんが、風雨を凌ぐ一時の場所としては使えなくもないスペースです。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉