新着情報

その目は”なに”を見ているのか 2

昨日のブログ『その目は”なに”を見ているのか て1』で取り上げたペット様の繁殖業者について、その実態をより明らかにしている記事が『福井新聞ONLINE』に載っいる。
同繁殖業者に関し、当ブログ読者の方々には脚色のないであろう事実を知って頂きたいと思うので、今回のブログでは、その記事を以下に紹介させて頂く。

人気のペット犬であるチワワや柴犬、ダックスフントが、繁殖のためにすし詰め状態で飼育されていた。
一斉にほえだすと、けたたましい鳴き声が耳をつんざく。
飼育員は無数の犬から1匹ずつ無造作につかむと、狭いケージに押し込み餌をやった。
「まるで地獄」。
福井県坂井市郊外で2017年12月、商品を大量生産するように子犬を産ませる「パピーミル(子犬工場)」に視察に入った県内の動物愛護グループは、あまりに悲惨な光景に目を覆った。

数年前から「おびただしい数の犬の鳴き声がする」との情報が愛護グループに寄せられていた。
経営者と従業員の間でトラブルが発生したと聞きつけ、愛護グループは2017年12月に2回、地元の県健康福祉センター職員とともに視察に入った。

愛護グループによると県内の動物販売業者は、廃業した平屋建て宿泊施設を改装して“工場”として使用。
▽メス部屋▽オス部屋▽妊娠した犬の部屋▽子犬部屋-などに分かれていた。
一番多くの犬が飼育されているとみられるメス部屋に入ると、犬たちは一斉に目を見開いてほえ始めた。
「強烈な悪臭が鼻を突いた」と話す。

メス部屋には、コンクリートブロックを4段80センチほどの高さに積み上げた仕切りで囲われた約8平方メートルの「マス」が複数あった。
1マスに最多で60匹ほどがひしめき合い、跳びはねながらほえ続けた。
視察した愛護グループのメンバーは、その異様な光景を「まるで地獄。直視できる状況じゃなかった」と語る。
床は網になっており、飼育員の女性に理由を聞くと「ホースで水をかけてふん尿を流し、一緒に犬の体にも水をかけて洗う」と説明したという。

マスとマスの間や壁際には、スペースを惜しむように金属製のケージが3段重ねになっていた。
1匹か2匹が入れられ、所狭しと跳びはねたり、くるくると回ったりしていた。
皮膚病を患いマスから隔離されるように狭いケージに入れられたままの犬、白内障とみられる犬、前足を切断しながらも妊娠させられたチワワがいた。

全部で400匹以上いるにもかかわらず飼育員は2人。
「朝7時から深夜1時くらいまで、休みなしで世話している」と実情を説明した。
餌と飲み水は1日1回。
混乱を避けるためマスの周囲に積み上げたケージ内に1匹ずつ入れて与えているという。

「あんなにたくさんの犬がいて、餌や水が行き届いているとは思えない」と愛護グループ。
「飼育員は勤務状況から考えても切羽詰まっているのではないか。近い将来、運営できなくなる『ブリーダー崩壊』を引き起こす可能性が高い。そうなれば400匹の命はどうなるのか」と危惧している。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉