新着情報

サンタクロースからの贈り物 4

「では直ぐに私共も伺いますので、よろしくお願い致します」

M動物病院を経由してTさんと連絡がついた頃には夕闇が広がっていた。
迷子のボーダーコリーのこれからを案じていたTさんは私達との面会を快く承諾し、面会の運びとなった。
お泊りワンちゃんの散歩はYに任せる事にし、その後直ぐに帰社した別のスタッフに店番をお願いして、私とNはTさんとの待ち合わせ場所に向かった。
しんと張った冬空の下を速足で歩きながら、Nは周囲に目を配っている。

「うーん、見当たらないなあ……」

ボーダーコリーが迷子になった場所は近場ではないのか……。
愛犬が迷子になってしまった事に飼い主さんがまだ気づいていないのか……。
愛犬が迷子になっている事態を把握しているものの、なにがしかの理由で近隣への周知が遅れているのか……。
迷子犬のポスター・チラシ掲示がされていないかをくまなくチェックしているNに倣って、私も周囲へ目を配る。

けれども??
目に映る景色はあたたかくやわらかいイルミネーションばかりで、それらしいモノは見つけられなかった。
迷子になってしまったボーダーコリーを捜している飼い主さんらしき人も見かけない。
足早に帰宅を急ぐ人々の手にはクリスマスケーキが入った袋が目立つ。
街はすっかりクリスマスイブが演出する雰囲気に彩られている。
こんな夜に、迷子になった愛犬を必死で捜している飼い主さんがいると思うとやりきれない。

私達はこれまで、多くの飼い主様のパートナーとして迷子ペット様の捜索に携わってきた。
迷子になってしまったペット様を発見・保護し、飼い主様との再会に立ち会う度に言葉にならない感動を経験させてもらってきた。

それでも、感動の結末ばかりではない。
迷子になろうとペット様は生きていて、動き続ける。
餌や身の安全をはかれる場所や飼い主様を捜し歩く。
特に犬様は体力の続く限り歩き続ける事が少なくない。
故に、飼い主様自身による適切な初期捜索の誤りが起こりやすく、未発見・未保護になってしまった例も数多く知っている。
また、インターネット検索上位(SEO対策にお金をつぎ込んでいるだけで動物の生態に詳しくもない)というだけの詐欺まがいのペット探偵に依頼した為に未発見・未保護になってしまっているというご相談も後を絶たない。

いずれにせよ、愛するペット様との再会がかなわなかった飼い主様とも多数接してきた。
そのどれもが言葉に出来ない場面で、生涯忘れる事は出来ない。
そのイタミを知っているからこそ、私達に可能な限り、飼い主様や迷子ペット様のパートナーとして今も迷子ペット様捜索に携わっている。
今から会う迷子のボーダーコリーが飼い主様の元へ帰りたいと思っているならば、そのチカラにもなってあげたい。
自然と、私の足は力強く地面を蹴っていた。

「待って。このマンションだ」

Tさんとの待ち合わせ場所を見つけたNの声が、意気込む歩幅で歩いていた私の足を止めた。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉