新着情報

サンタクロースからの贈り物【番外編】 昨今のペット飼育事情について? 〜迷子ペット様にまつわる事〜

いの一番に奥様から投げられたクエスチョンは、迷子ペット様にまつわる事だった。

「世の中にペットを飼っている人はたくさんいますけど……その中で、迷子になってしまうペットってどのくらいいるんですかね?」
「うーん、そうですね……実数は把握しきれませんが、決して少なくはないと思いますよ」

インターネットを頼りに『迷子 犬 猫』というキーワードで検索すると、今現在で約641,000件の検索結果が出てくる。
SEO対策にお金をかけているペット探偵業者は別として、検索上位には迷子ペット様に関する掲示板の類が多い。
飼い主様が掲示板に投稿して、迷子になってしまったご自分のペット様の情報拡散を呼びかけるものだ。
ほとんどが無料で掲載できる上、地域別に別れているので利用者は多いと思われる。

掲示板の投稿をきっかけに、時として捜索の手がかりの一つになった例もあるだろうし、無事に発見されたケースもあるだろう。
犬猫好きな方が心配してコメントを書き込んだりもするので、飼い主様からしてみれば心の支えにもなっているはずだ。
かくいうメビー・ラックも、ありがたいことに、迷子ペット様の捜索過程で飼い主様から感謝の言葉を頂いた経験がある。

実際の捜索に携わる他にも、メビー・ラックでは電話・メール・ご来店での無料相談も承っているので、悲喜こもごもの捜索実情には明るい。
そういった経験上でも、ご相談者のほとんどが迷子ペット様に関する掲示板を既に利用している場合が多いのが事実だ。
よって、掲示板は現代の迷子ペット様捜索においては無視できないツールの一つだと言える。

「私達もあのワンちゃんを保護するまで、そういった掲示板の存在は知りませんでした」

奥様の素直な意見に答える。

「確かに、迷子ペット様捜索のプロである私達や、ペット様を迷子にしてしまった飼い主様以外の方には、まだまだ浸透しているとは言えないでしょうね」
「それを言えば、ペット探偵の存在も知りませんでした」

私は頷き、同意する。

「ただでさえ悪評通りの業者もあると聞きますから、世間的に見れば日蔭の存在なのは間違いないでしょう」
「私達夫婦も、こんな風に面と向かってメビー・ラックさんとお話しなければ、ペット探偵に対しては不信な印象のままだったと思います」
「私達メビー・ラックは、ペット捜索業だけをやっているペット探偵とはモットーが違いますからね。それに、私達自身もペット探偵に不信感を抱いていますから」
「ど、どういう事ですか!?」

平静を失った奥様の瞳孔が広がる。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉