新着情報

サービスエリアの空の下 47

キジ白猫様、一匹確保。

私の腕に抱かれたキジ白猫様は、その見た目とは裏腹に軽かった。
パサつき、ツヤの無い被毛――
乾燥して、ざらついた肉球――
刻む鼓動と伝わる体温――
当然といえば当然だが、キジ白猫様は生きている。
その命の確かさを、ゴロゴロと鳴らす喉のリズムで奏でている。

私はただただ愛おしさを感じて、涙が込み上げてきた。
そんな私を慰めるように、キジ白猫様が顔をすりつけてくる。

”今まで、外でよくがんばったね”

キジ白猫様が鳴いて応える。

”これからは、エサの心配なく、美味しいものを食べて生きていけるよ”
”これからは、飲み水に困ることもない”
”これからは、冷え込む日でも、暖かい室内でぬくぬく昼寝できるよ”
”これからは、うだるような暑い日でも、涼しい室内で快適に過ごせるよ”
”これからは、雨に濡れることもない”
”これからは、車に怯えて暮らす必要もない”

キジ白猫様が鳴いて聞いてくる。

”みんなも?”

白猫様も、もう一匹のキジ白猫様も保護することも、私は約束した。

”大丈夫。みんな一緒だよ。そのために頑張るから”

キジ白猫様は鳴いて応える。

”じゃあ、行こうか”

私は語り掛け、キジ白猫様をしっかりと抱きかかえながら、自分の車に向かった。
トランクからハードタイプのキャリーケースを取り出し、それを閉める。
今度は後部座席に乗り込み、キジ白猫様にいう。

”少しだけ、この中で待っていてね”

キャリーケースの中にキジ白猫様を入れた私は後部座席を降り、再びトランクを開けてエサ用と水用のボウルを手にした。
それらに手作り食と水を入れ、キャリーケースの中に設置する。

すべての作業を終えた私は、車にロックをかけて、大きく息を吐いた。

……よっしゃ!

力強く拳を握って、無事に保護できたよろこびに浸った。
直後、安堵感からか、全身の力が弛緩していく。

しばしの間、その感覚に身を委ねた後、やがて私は我に返った。
スマフォを手に取り、男性に電話をかける。
5コール目で、男性に繋がった。

「お疲れ様です。今、電話していて大丈夫ですか?」

住宅の近くを歩いている最中なのだろうか、男性は声を潜めて話した。

「大丈夫です。けど、ちょっと、待ってくださいね……」

ガサガサと音が聞こえたところを見ると、受話口を手で押さえたようだ。
しばらく待つと、男性の声が戻ってきた。

「すみません。話し声が迷惑になりそうな場所にいましたもので」
「大丈夫ですか?」
「もう移動したので、平気です。それよりも、なにか動きがあったのですか?」

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉