新着情報

ペットフード 35

『手作り食』については、賛否両論の意見が飛び交っている現状があります。

市販のペットフードの類を、ペット様に一切与えない飼い主様もいれば、『手作り食』と市販のペットフードの類を、日替わりや朝晩で交互に与えている飼い主様もいらっしゃいます。

ほかには、市販のペットフードが主で、それに『手作り食』をトッピング程度に加えている飼い主様も少なくありません。

また。
同じ『手作り食』派の飼い主様の中でも、考え方は様々です。
加熱処理をしている市販のペットフードではまかなえない『食物酵素』を重要視している飼い主様は、『生食』にこだわっていらっしゃいます。
一方、寄生虫や感染症などを懸念している飼い主様は、『生食』に抵抗をお持ちの方もいらっしゃいます。

あるいは、『手作り食』自体に断固反対を貫く飼い主様もいらっしゃいます。

どの意見を選択している方にも、それぞれが信じる主張があるわけですが……。
つまるところ、『手作り食』に対するメリットとデメリットをどう捉えるかによるのだと存じます。

『手作り食』派の飼い主様が推奨するメリットとしては、

・自分で安全な食材を選べて作れる
・ペット様に、新鮮な食材・旬の食材を与えることができる
・ペット様に必要な栄養を、様々な食材から与えることができる
・『生食』に含まれる『食物酵素』を、ペット様に与えることができる
・『保存料』類・『酸化防止剤』類・『化学合成添加物』類・『着香料』類・『着色料』類を、ペット様に与えなくてすむ
・ペット様の健康状態に合った食事内容(アレルギーを引き起こしてしまう特定食材を排除したメニュー・ダイエットに適した食材メニュー・患っている病に良くない特定食材を排除したメニューなど)に調整可能である
・適度に温かい食事を与えられる
・ドライフードと違い、食事をすることで水分を同時に摂取できる
・皮膚の状態が改善した
・便の臭いが軽減されて、質も改善した
・被毛状態が改善した
・涙やけが改善した

などがあります。

上記の内、

・皮膚の状態が改善した
・便の臭いが軽減されて、質も改善した
・被毛状態が改善した
・涙やけが改善した

の四つの事柄に関しては、あくまでも飼い主様の主観によるものです。
また、個体差や『手作り食』を与え続けている期間の長さによって、効果は違ってくることと存じます。
加えて、科学的・医学的な統計の裏付けがはっきりと証明されているわけではないので、

「『手作り食』にすれば、うちの子の皮膚疾患も治るのね!」

と過度な期待は禁物です。
一口に皮膚疾患といっても原因は様々考えられるので、先ずは、動物病院での診察・診断を優先するべきです。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉