新着情報

ペットフード 96

続きましては、『リン(P)』についてを、もう少し掘り下げていきたいと存じます。

ペットフード 93』と重なる部分もありますが、復習も兼ねて記させて頂くと。
『カルシウム(Ca)』(詳細につきましては『ペットフード 92』・『ペットフード 93』・『ペットフード 94』・『ペットフード 95』を参照)と結合してリン酸カルシウムになったり、『マグネシウム(Mg)』と結合してリン酸マグネシウムとなった『リン(P)』は、その80%以上が骨や歯に貯蔵されます。
残りの20%程度は、筋肉・脳・神経などのあらゆる細胞に存在します。

『リン(P)』の主な体内作用は、

・『カルシウム(Ca)』や『マグネシウム(Mg)』と共に骨や歯の主成分となり、その健康を維持する
・筋肉の形成及び、筋肉の収縮や弛緩に関与する
・血液中の酸やアルカリの中和
・血液凝固に関与し、出血を防ぐ
・核酸の主要構成成分として細胞の成長と分化に関与する
・体液中のリン酸塩がpHや浸透圧の調節機能に関与する
・脳の生体機能の正常化および維持
・神経組織の生体機能の正常化および維持
・『ナイアシン』(詳細につきましては『ペットフード 76』を参照)の吸収補助
・『タンパク質』の代謝
・『脂質』の代謝
・『炭水化物』の代謝
・細胞膜の構成成分であるリン脂質の生産
・高エネルギーのリン酸化合物を生産し、エネルギーを蓄える
・『ビタミンB1(チアミン)』(詳細につきましては『ペットフード 68』・『ペットフード 69』・『ペットフード 70』・『ペットフード 72』を参照)や『ビタミンB2(リボフラビン)』(詳細につきましては『ペットフード 73』を参照)と結合し、補酵素の構成成分として『糖質』の代謝促進に関与する

などです。

『リン(P)』は、肉類・卵・乳製品類・哺乳類や鳥類や魚類の骨・小麦胚芽・ゴマなどに多く含まれています。
だからといって、それらばかりを犬様・猫様に摂取させれば良いというわけではありません。

なぜならば。
動物性の『タンパク質』である肉類には『リン(P)』が豊富に含まれている反面、『カルシウム(Ca)』含有量が少ないからです。
ですので、そればかりをお与えになっていると、『カルシウム(Ca)』との適正バランスが崩れてしまいます。
その結果、『リン(P)』の過剰症と『カルシウム(Ca)』の欠乏症になってしまうリスクが高まりますので、くれぐれもご注意ください。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉