新着情報

ミニチュアホース様の逸走 1

12月15日 午後7時頃。
東京都渋谷区のJR恵比寿駅付近でミニチュアホース様が目撃され、110番通報が殺到したという事件が起きた。
物珍しさからだろう、いくつかのテレビニュースにも取り上げられていた。
加えて、インターネット上にも複数の目撃情報が上がっていたので、当ブログを日頃からお読みになって頂いている飼い主様の中にも、すでにご存じの方々も多いと思う。

逸走していたミニチュアホース様の名前は、『シャーロット』。
年齢3歳のオスで、体高1.2メートルだという。

逸走から約1時間30分後。
ミニチュアホース様は、付近に位置する國學院大學・渋谷キャンパス内で草を食べているところを、渋谷警察署の署員らに無事確保されたそうだ。
幸い、ミニチュアホース様自身にも、近辺の通行人にもケガなどの被害はなかったという。

予想通り、このニュースについての巷の反応は驚きに包まれている。
インターネットで検索すれば、都心の車道を疾走する当該ミニチュアホース様の動画も、複数見つけることができる。

その動画を視聴したユーザーおよびニュースについてのコメント欄には、当該ミニチュアホース様の愛くるしさに関するものが目立つ。
車に轢かれるなどせず、無事に保護されたことに安堵する声も多い。
それらについては、大方、ぼくも同じ想いだ。

だがしかし。
単純に『めでたし、めでたし』と看過することのできない問題でもある故、怒り・嘆き・落胆・不信などといった感情も入り混じっていて、私自身はどうにもスッキリしない。

理由は、当該ミニチュアホース様は渋谷区にあるペットショップから逸走したからだ。
否。
そのペットショップが、当該ミニチュアホース様を逃がしたというべきであろう。

チェーン店であるそのペットショップは、渋谷区のほかにも、新宿区、港区などにも店舗を構えていて、業務は多岐に渡る。
ホームページに目を通せば、犬様・猫様・小動物様・鳥類様・魚類様・猛禽類様・爬虫類様・両生類様・昆虫類様・その他珍しいペット様方の生体販売をはじめ、それらの繁殖・トリミング・ペットホテル・ペットシッター・しつけトレーニング・セレモニー・セラピー・ペットグッズ販売などを行っているらしい。
ほかにも、テレビ番組・CM・イベントなどに動物様を貸し出し、撮影・出演させる、動物タレントプロダクション業務が売りのペットショップだ。

行っているそれら業務について、色々思うところはある。
が、私がこの上なく唖然としたのは、『ペット探偵』業務にまで手を広げている点だ。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉