新着情報

人とペット様の災害対策ガイドライン 2

環境省が今回改定・発表した、災害時のペット様対応の指針の中で最も注目すべき点は、飼い主様方への責任部分の明確化である。
かいつまんでいうと、

・災害発生後から当面の間に必要とされる、ペット様用の充分なフード類と水の備蓄
・各ペット様の大きさに適したケージやキャリーバックなどの用意
・ペットシーツやオムツなどを始めとした、ペット様の排泄物処理道具の準備
・ペット様が負傷した場合に備えた、応急処置道具の備え

などがそれに当たる。
要するに、

・日頃から、ペット様に対しても、私たち人間と同レベルの防災意識を持つこと
・平常時から、ペット様に必要な防災道具類の準備を怠らないようにすること
・避難所であろうとも、災害時のペット様の飼育は飼い主様が行うこと

などが強調されたわけだ。

この明確化及び強調の背景には、2016年の熊本地震での教訓が関係している。

そもそも。
ペット様の災害対策についてを環境省が作成した理由は、2011年の東日本大震災で、多数のペット様が飼い主様とはぐれ、震災現場に取り残されてしまった事実があったからである。
その際に起こった悲劇や勃発した問題を受けて、ペット様を伴っての避難を前提とした”同行避難”を基本とする指針を、環境省は作成した(2013年策定)。

ところが、だ。
2016年の熊本地震の避難所にて、ペット様との”同行避難”をめぐり、様々な問題やトラブルが発生してしまった。

飼い主様側からは、

・避難所となった場所の規模にもよるが、ペット様との同室が認められなかったこと
・それどころか、避難所の室内にペット様を連れて入ることすらできなかったこと
・届けられた支援物資の中に、病気を患っているペット様専用の療法食がなかったこと

などの声が複数あがった。

一方で。
そんな飼い主様らに対し、ペット様を連れていない避難者からは、

・ペット様の鳴き声
・ペット様の体臭や排泄物に関係する臭い
・飼い主様のマナー欠如
・動物アレルギーの問題
・ペット様に対する苦手意識及び恐怖意識

などの苦情が殺到した。

その結果と反省を踏まえ――
環境省は今回、あらためて、災害時のペット様対応の指針を改定・発表したわけである。

さて。
改訂された指針で、飼い主様が見逃していけないのは、

・行政機関による支援は人の救護が基本

であり、

・ペット様との”同行避難”は基本であるが、避難所においての”同行避難”とは、ペット様を人間と同室で飼えることを意味しない

と明記されている点だ。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉