新着情報

動物の感染症 20

エキゾチックアニマルをペット化するにあたって気をつけるべきことは、感染症の危険性だけにとどまらない。
これから先、エキゾチックアニマルを飼おうと思っている方々は、すでに飼っている人からの徹底的な情報収集を行うべきだ。
良いことも悪いことも含めた知識を蓄えることを怠り、見た目の可愛さや珍しさだけで飼い始めても、必ずや後悔する羽目になるからである。

一例を挙げるとすると――
近年、ペットとして定着化してきたフェレット様を飼った場合、どういう理由で後悔する人が多いかご存じだろうか。
一昔前と比べると、ペットショップでフェレット様を見かけることが多くなった。
フェレット様専用のフードも容易に手に入るようになったし、ハーネスなどのフェレット様グッズも豊富になった。
街を歩いていると、ハーネスを装着して散歩しているフェレット様を、たまに見かけることもある。

加えて、ペットとしてフェレット様を飼っている芸能人をテレビ番組で取り上げることも少なくない。
そこに映し出される姿は、良い場面だけを意図的に編集したものに過ぎないのだが、視聴者の多くは疑いの目を向けない。
それをいいことに、フェレット様はほぼ鳴くこともないし、好奇心旺盛で人にとてもなつきやすい、という偏ったイメージをテレビ画面の向こうから植え付けてくる。
その悪影響のために、フェレット様を身近に感じる人が増えた感は否めない。

けれども、だ。
そのせいで、安易に飼い始める人が増えた。
はたして、知識不足による問題が起こるわけだ。

イタチ科であるフェレット様は、一般的な生活スタイルで暮らす人間とは真逆で、そもそも夜行性だ。
よって、実際に飼い始めて間もなく、夜中に活発になるフェレット様のお世話に音を上げる人が続出する。

また。
実際にフェレット様を飼い始めて後悔する理由として多いのが、その体臭である。
フェレット様が放つ独特なニオイを緩和するためには徹底的な掃除は不可欠であるが、それでも、ニオイを完全になくすことはできない。
それを嫌う飼い主様が過度にシャンプーを行った挙句、フェレット様が皮膚病を引き起こしてしまう例が後を絶たない。
まったくもって残念で、かわいそうなフェレット様である。

ついでにいうと。
最近のテレビ番組で取り上げられる機会が多くなり、その影響でペットとして飼われることが増えてきたカワウソ様についても、フェレット様と同様、その体臭を甘く見ていた人が続出中だ。
安易に飼い始めた人のせいで、かわいそうな目に遭うカワウソ様がこれ以上増えないことを心から願うばかりである。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉