新着情報

小次郎くん

先日、ペットヘルパーに伺った犬様のご紹介をさせて頂きます。
IMG_1175

 

 

 

 

 

 

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリアのオスである小次郎くん。
彼は13歳。

ヒアリングの際にお伺いした飼い主様の話によると、両目の視力と聴力が弱いということでした。
その他にも、別の疾患による若い頃の手術で、過去に全身麻酔の経験もあるそうです。
それもあって、飼い主様は常に小次郎くんの体調を気にしておられるご様子でした。

飼い主様は、本当に小次郎くん想いの方です。
一例をあげますと、視力が弱い小次郎くんの為に、室内や家具類の角には、彼がケガをしないようにと工夫が施されていました。
小次郎くんは外での排泄習慣がある犬様なので、飼い主様は彼を連れ、1日に数回、ご自宅付近のお散歩に出掛けていらっしゃいます。
私達は今回、そのパートナーとして伺うことになった次第でした。

小次郎くんと実際に対面するまでは、私達はいつものようにあらゆる想定準備をしました。
シニア犬様の上、視力と聴力が弱いので、もしかしたら、初めて会う他人の私達に警戒心を高める可能性もあるだろうと考えたのです。
小次郎くんにかかるストレスを考えればこそ、私達は慎重に慎重を重ねたコミュニケーションをはかる覚悟を抱いておりました。

ところが。
対面するやいなや、小次郎くんは直ぐに心を開いてくれました。
元気にはしゃぐ小次郎くんとの遊びを通し、私達は良好なファーストインプレッションの獲得に成功したのです。

その姿を見て、飼い主様はたいへん驚かれていました。
理由を伺うと、これまでは来客があっても、小次郎くんは静かに寝ていることがほとんどだったようです。
久しぶりに見た小次郎くんのはしゃぐ姿は、飼い主様に笑顔の花を咲かせました。

お世話当日の小次郎くんもとても元気で、私達は無事にパートナーをつとめ終えることができました。

すると??

後日、飼い主様からお手紙が届きました。
手紙には感謝と共に小次郎くんへの優しさが綴られており、私達の方こそ嬉しい気持ちを頂戴致しました。
以下に、抜粋した文面を記させて頂きます。

『先日は小次郎をお世話下さりありがとうございました。
詳しい報告と丁寧なお世話の様子に、安心して小次郎をお任せすることができました。
あんなにまとわりついてはしゃぐ小次郎を久しぶりに見てびっくりしました。
また、アドバイスを頂いてはっとしました。
目が見えない、耳も遠い小次郎を心配するあまり、私達は腫れ物に触るように接しすぎたと反省しています。
おもちゃで遊んだり公園で散歩したりなどは、もう出来ないと思い込んでいました。
これからはおもちゃ遊びも公園でのお散歩も、もう少しやってみようと思います』

前述した通り、小次郎くんは視力と聴力が弱い故、お散歩はご自宅付近が常となっていたようでした。
おもちゃ遊びも、いつしか控えがちになっていたとのことです。

けれど私達が伺った際、小次郎くんは『今日はもっと歩きたい!』という素振りを見せたのです。
なので、様子を見ながら細心の注意を払い、時には持参したスリングで抱っこしながら、お散歩の距離と時間を伸ばしました。

気持ちよさそうに風をきって歩く小次郎くん。
その姿を飼い主様にも報告して、私達は今後のアドバイスを差し上げました。
飼い主様と小次郎くんの『Lucky Life』に繋がるアドバイスを??

とはいえ、私達が何か特別なアドバイスを差し上げたわけではありません。
あくまで、誠心誠意、パートナーとして在っただけです。
小次郎くんの犬様としての自尊心を尊重したアドバイスに過ぎません。

ですので、飼い主様。
『反省』ではなく『気づき』と捉えて、どうぞご安心下さい。
私達がお伺いした今回の機会を手繰り寄せたのは、飼い主様であり、小次郎くんなのです。
そうして『気づき』を得られたのだと思います。

飼い主様。
飼い主様が寄せる小次郎君への愛情は、いつのときも色褪せてはいません。
それを証拠に、小次郎くんは飼い主様との暮らしに不満を抱いてはおりません。
私達にはそう感じられました。
ですので。
これからも小次郎くんとの日々を、たくさんの笑顔を咲かせながらお過ごし下さい。

最後に。
お土産、ありがとうございました。

75994

 

 

 

 

 

 

 

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉