新着情報

昨今のペット飼育事情について 〜犬様のお散歩にまつわる事〜118

「冬場に気をつけるべきは、寒暖差だけではありません。同じくらいの気配りで、乾燥にも注意するべきです」

K様が仰る通り、乾燥は犬様にも悪影響を及ぼす。
乾燥した空気を吸い込めば、私たち人間でも咳き込むように、犬様もむせることがある。
もしも、気管の弱っている犬様が散歩中に咳き込むようであったり、嘔吐するような仕草を見せることがあった場合は、そのサインに飼い主様は気づいてあげてほしい。
悪化してしまえば、気管支炎を発症する可能性があるからだ。

なので、室内では必ず加湿器を使用するべきである。
過去の当ブログで触れたように、加湿器は暖房器具使用時の乾燥対策としても有効である上、ウイルス性の疾患や皮膚トラブルの予防にも繋がるので、是非ともお願いしたい。

K様も同意して頷いた。

「これまで何度もお伝えしていますが、犬の皮膚は人間よりもはるかにデリケートなので、乾燥にも弱いのは事実です。乾燥が原因で犬の皮膚に現れるトラブルとしては、炎症だったり、被毛の成長が悪くなったりすることがあげられます」
「そのほかにも、肉球や鼻にも悪影響が見られますよね。メビー・ラックをご利用頂いている犬様にも、乾燥によって肉球がヒビ割れてしまっている犬様が多く見られます」
「肉球のヒビ割れが進めば、あかぎれのようになって痛みが出てしまいます。悪化すれば化膿してしまう危険性もありますし」

だからこそ、日々の乾燥対策が必須なのである。
具体的な方法としては、保湿目的での加湿器の使用はさることながら、肉球専用の保湿オイルやクリームなどの使用を推奨する。
ヒアルロン酸・アロエなどの成分が含まれたものが市販されているので、ご自分の犬様の肉球がダメージを負っているのであれば、ご検討してみてはいかがだろうか。

メビー・ラックでも犬様にとって安心安全な肉球専用の保湿クリームをご用意しているが、飼い主様からもご好評を頂いている。
お散歩に出かける前には鼻に塗って、お散歩後に帰宅した際は、肉球に塗ってあげるといいだろう。
とにかく、肉球や鼻の毎日のチェックを怠らないことを願うばかりだ。

乾燥対策と同時に大切になってくるのが、雪や雨などで濡れた状態の犬様を、そのまま放置しないことである。

「それを侮っている飼い主は、けっこう多いですよね」
「K様も、そう思われますか」
「はい。多少濡れただけなら自然に乾くから大丈夫だろうと、ケアを怠っている飼い主にはため息が出るばかりです」

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉