新着情報

昨今のペット飼育事情について 〜犬様のお散歩にまつわる事〜34

『ペットフード』シリーズの途中だが。
本日のブログでは、『昨今のペット飼育事情について 〜犬様のお散歩にまつわる事〜33』の続きを綴らせて頂く。

≪はじめて秋の気立つがゆへなればなり≫

遡ること、2016年8月7日。
立秋を迎えた。

暦の上でいうと、立秋は1年の中で最も暑い日で、その日から初めて秋の気配が現れてくるとされている。
それに倣えば、立冬の前日までが秋であるわけだが……。
現代日本の気象事情も関係して、実際には暑い日が続いていたことは、皆様方も周知の通りだ。
それだけではなく、今年の9月に至っては、度重なる台風の上陸が影響して、東日本と西日本で記録的な日照不足が続いた。

そうかと思えば。
このブログを綴っているお昼現在、メビー・ラックの店舗周辺の天候は、9月中旬並みの気温を記録している晴天だ。

そうかと思えば。
お昼時点での天気予報によると、むこう何日間はまた雨続きだという。
いやはや。
天候不順や乱れた気温の落差にさらされ続けると、体調管理に四苦八苦する。

だがしかし。
それはなにも、私たち人間に限ったことではない。
犬様・猫様にとっても例外ではないのだ。

それを裏付けるように。
日頃お世話になっている獣医師の方によれば、長く続いた雨降りのジメジメや気圧の高低差が悪影響を及ぼし、体調を崩すペット様が多いという。
加えて、皮膚疾患および下痢などに悩むペット様の来院が、今年は例年以上に増えているそうだ。
メビー・ラックをご利用頂いているペット様の飼い主様からも、そういった話を頻繁に耳にしている。

では、ペット様の健康を願う上で、この時季に注意すべき事柄とはなんなのか??

本ブログでは、秋の犬様のお散歩に注意した方がよい事柄に焦点を当てる。
もちろん、それらについての知識を既に有している飼い主様は多いと思われる。
それを承知の上で、このブログ内容が、今一度、犬様の健康をまもって頂くきっかけになれれば幸いだ。

そんなこんなで。
これから数回のブログでは、秋の犬様のお散歩に必要な注意点などを、実際にメビー・ラックで受けたご相談事例や、動物行動学にも明るいベテランドッグトレーナであるK様との会話を挟みながらお伝えしていこうと思う。

先ずは、正に本日起きた事例についてご紹介する。
それは、午前中の一本の電話から始まった。

「もしもし! もしもし!」

電話機から漏れる声で分かったのだが、いつもは明るい飼い主様の声が、ひどく乱れている。
ご宿泊中の犬様のお世話をしていた私は、電話を取った岡村(メビー・ラック代表)の表情で瞬時に察した。

これは、通常業務のご依頼ではないな……。

事態はその通りだった。
どうやら、メビー・ラックでお世話を承らせて頂いている犬様が、この時季ならではの被害に遭ってしまったらしい。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉