新着情報

昨今のペット飼育事情について 〜犬様のお散歩にまつわる事〜63

秋を代表する食べ物として、『クリ』もある。

『クリ』の主成分は良質な『デンプン』で、加熱しても壊れにくいという特徴がある。
含まれている栄養素としては、以下などだ。

・免疫力を高める働きなどが期待できる『ビタミンA(β-カロテン)』(効能などの関連項目として『ペットフード 56』、『ペットフード 57』、『ペットフード 58』などを参照)
・ペット様の疲労回復などに役立つ『ビタミンB1(チアミン)』(効能などの関連項目として『ペットフード 68』、『ペットフード 69』、『ペットフード 70』、『ペットフード 71』、『ペットフード 72』』などを参照)
・エネルギーの代謝促進などに関わる『ビタミンB2(リボフラビン)』(効能などの関連項目として『ペットフード 73』を参照)
・免疫機能強化(白血球の作用増加に関与)などに関係する『ビタミンC(アスコルビン酸)』(効能などの関連項目として『ペットフード 79』、『ペットフード 80』などを参照)
・『繊維質』(効能などの関連項目として『ペットフード 48』を参照)
・高血圧予防などに繋がる『カリウム』

上記のように、ペット様のエネルギー補給に役立つ『クリ』だが、1粒のカロリーが高いので(1粒あたり約38kcal)、与えすぎにはお気をつけ頂きたい。
渋皮を取り除き、加熱した後、細かくしたものをトッピングで与えるのがいいだろう。
とりわけ猫様の場合は、『クリ』に含まれる『マグネシウム』が尿結石の原因となってしまう危険性があるので、与え過ぎには要注意だ。

また、ペット様に与える『クリ』に味付けはもちろん不要である。
『繊維質』が豊富なので、与え過ぎると下痢の原因になるので、そこにもご注意願う。

続いては、『サツマイモ』だ。

『クリ』と同じく、加熱しても壊れにくい良質な『デンプン』が豊富な『サツマイモ』には、夏の疲れを取るのに役立つ栄養素がたくさん含まれている。

・『ビタミンB1(チアミン)』
・『ビタミンB2(リボフラビン)』
・『ビタミンC(アスコルビン酸)』
・『ビタミンE 』(効能などの関連項目として『ペットフード 62』、『ペットフード 63』などを参照)
・『繊維質』
・余分な老廃物を尿として排出する作用が望める『カリウム』

上記の栄養素などを摂取することにより、便通の改善・高血圧予防などが期待できるのでおすすめだ。

ちなみに。
『サツマイモ』の皮に含まれる色素には抗ガン作用がある上、皮の付近には『ビタミンC(アスコルビン酸)』が多いので、ペット様に与える際は皮を剥かない方が良いだろう。

注意点としては、ふかすなどした後に細かく刻んだりペースト状にしたものを、ペット様に与えることである。
味付けはもちろん不要であるし、過剰摂取も禁物だ。
『繊維質』が豊富なので、与え過ぎると下痢の原因になるので、そこにもご注意願う。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉