新着情報

熊本地震 迷子ペット様捜索パートナーとして ネコ様編

急啓

この度の被害を、心よりお見舞い申し上げます。

震災当地の熊本にてお住まいの方々、ネコ様とお暮しの飼い主様方・ネコ様方ご自身におかれましては、突然の出来事にご心労はいかばかりかとご推察申し上げる次第です。
一人でも多くの飼い主様方・ネコ様方がお怪我もなく、ご無事でおられることを心よりお祈り申し上げます。

差し出がましいとは存じますが、今地震により迷子になってしまわれたネコ様方とその飼い主様方のお役に立てればとの想いで綴らせて頂きます。
迷子ペット様捜索パートナーとしての経験やアドバイスが、迷子ネコ様方の無事発見・保護に繋がれば幸いに存じます。

・(室内飼いネコ様)実際に地震が起こる前に逸走してしまったケース
地震を予知したかのように落ち着かず、なにかの拍子で外へ出た室内飼いネコ様の場合、地震が起きた時に居た場所からそう遠くない距離に潜んでいる可能性が高いかと思われます。
とりわけ、ネコ様自身が自分の身の安全を確保出来そうな場所を徹底的に捜してあげて下さい。
一般的にいわれるように、ネコ様の特性・習性を考慮すれば、暗くて狭い場所、尚且つ頑丈な隠れ場所になりそうなポイントの捜索が有効でしょう。
最初の地震が起こってからの時間経過・続く余震の頻度から考えれば、食欲よりも先ず、身の安全を優先に行動をする傾向は無視できない心理です。

・(室内飼いネコ様)実際に地震が起きてから以降に逸走してしまったケース
最初の地震の衝撃により、ネコ様の警戒心は非常事態レベルであることに間違いありません。
パニック状態での逸走の場合、地震が起きた時に居た場所からは少し離れた距離まで移動している可能性も排除せず、捜索にあたられることを推奨致します。
潜むポイントとしては、やはりネコ様の特性・習性を考慮した隠れ場所が考えられます。
この場合でも、最初の地震が起こってからの時間経過・続く余震の頻度から考えれば、食欲よりも先ず、身の安全を優先に行動をする傾向は無視できない心理です。

・(外飼いネコ様・自由外出ネコ様)
実際に地震が起こる前にせよ起きてからにせよ、室内飼いのネコ様より周辺の立地環境に慣れている分、広い範囲の捜索が望まれます。
身の安全が確保出来そうな箇所というポイントに変わりはありませんが、普段、人が容易に出入りできそうにない場所の方が可能性を感じます。
上記二例に同じく、最初の地震が起こってからの時間経過・続く余震の頻度から考えれば、食欲よりも先ず、身の安全を優先に行動をする傾向は無視できない心理です。

ご注意願いたいのは、上記いずれのケースも可能性に過ぎません。
ネコ様個々の特性・性格・生活環境・逸走場所の周辺環境・逸走場所付近の被災程度によって、捜索範囲の絞り込みは変わらざるを得ないことをご了承頂ければと存じます。

また、愛するネコ様方を無事発見・保護してあげられるのは、最終的に飼い主様方ご自身だとお考えください。
チラシ・ポスター・SNS等でいくら情報拡散をしても、被災現地の方々自身も憔悴なさっている現状です。
善意があろうとも、協力できる余裕という意味では、過剰な期待は禁物です。
故、飼い主様方ご自身の安全と捜索実施に必要な体力の確保も、おろそかにすることのないようにお願い申し上げます。
無事発見・保護できた迷子ネコ様方を優しく包み込んであげられるのもまた、飼い主様方ご自身なのですから。

その他、迷子ネコ様捜索に関する個別詳細なアドバイスをご希望の方は、電話にて無料ご相談を承りますので、当ホームページに記載されている電話番号までお問い合わせください。
迷子ネコ様捜索以外でも、避難ネコ様のフードやシーツの物資支援など、弊社で何かお役に立てることがございましたら遠慮なくお申しつけください。
微力ではございますが、ご協力できればと存じます。

草々 

あなた様とあなた様の大切な存在が
一日も早いご復興とご健康を取り戻せますように

富山桃吉
メビー・ラック代表 岡村・スタッフ一同