新着情報

猫様の飼い主様にとって

猫様の飼い主様にとって、朗報となり得そうなニュースを伝え聞きました。

『繊維事業』『プラスチック・ケミカル事業』『情報通信材料・機器事業』などを手掛ける”東レ株式会社”が、2017年1月13日付で”猫慢性腎臓病治療薬 ラプロス®”の製造販売承認を農林水産省から取得したそうです。
それにより、2017年4月に、共立製薬株式会社を通じて国内発売を開始する予定だといいます。

腎機能の低下に伴う食欲不振・体重減少・多飲多尿・嘔吐といった症状が現れる慢性腎臓病は、猫様が患いやすい病気の一つとされています。
とりわけ10歳以上の猫様の有病率は30%~40%といわれ、その病態が解明されていないこともあり、これまでは、腎臓の負担軽減目的の薬投与・輸液・食事療法などの限られた治療法しかありませんでした。

では、”猫慢性腎臓病治療薬 ラプロス®”とは、どんな薬なのか。
”東レ株式会社”の該当ページに目を通すと、

ラプロス® 製品概要
1.成分及び分量:1錠中にベラプロストナトリウムを55μg含有する。
2.用法及び用量:1回あたり1錠、1日2回、朝晩の食後に経口投与する。
3.効能又は効果:猫:IRISステージ2~3の慢性腎臓病における腎機能低下の抑制及び臨床症状の改善
4.製造販売業者:東レ株式会社
5.発売元:共立製薬株式会社

との記載があります。

この薬を服用して文言通りの効能・硬化が発揮されるのであれば、愛猫様の寿命がのびることに期待ができることでしょう。

ただし。
別記事によれば、10カ月齢未満の猫様には使用できず、体重7kg以上の猫様への有効性は確認されていないそうです。

また。
この薬はあくまでも腎機能低下の抑制とありますから、すでに悪くなってしまった腎臓を健康に戻してくれることについては保証されていません。

付け加えれば。
どんな新薬であってもそうですが、発売後に至っても、しばらくは実際の効果・副作用などについての詳細は分かりません。
なので、その詳細報告が発表されるまでは、無条件によろこぶわけにはいかないでしょう。

それでも。
”猫慢性腎臓病”に対して新たな治療法の選択肢が増えたことは、猫様の飼い主様にとっては、悪いことではないと存じます。

少し前に東大の研究チームが解明した、猫様の腎不全の治療薬開発も進んでいるそうなので、こちらについても、実用化に向けての期待が膨らむばかりです。

猫様の”クオリティ・オブ・ライフ”の向上は、私たちメビー・ラックスタッフ一同の願いでもあります。
どうぞ、世界中の猫様方に幸あれ。

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉