新着情報

飼い猫様の窃盗 47

ブログ執筆者は、”飼い猫様を無事に発見・保護できた”という記載の真実を確かめるために、投稿者にコメントを寄せました。
そうしてやりとりを繰り返し、投稿内容に書かれていた、関西に会社を構える”ペット葬儀会社”と”ある人物”の連絡先を手に入れました。

ブログ執筆者は先ず、”ペット葬儀会社”の正体を掴もうとしたそうです。
ホームページに目を通すと、健全に営業はしているようなので、直接電話をかけました。

・投稿内容は事実なのか
・”ペット葬儀会社”が、どういった経緯で迷子猫捜索の紹介をしているのか
・”ある人物”は実在するのか
・実在するならば、”ある人物”とは何者なのか
・”ある人物”に捜索依頼をするには、どうしたらいいのか

上記の質問に対し、”ペット葬儀会社”の方は、

・投稿内容に目を通したことがあるのでいえるが、それは事実に基づいていること
・ペット葬儀会社も、実際にペットを迷子にしてしまった方の話を耳にすることがあり、世のペット探偵業界の不誠実さに心を痛めていたこと
・”ある人物”は確かに実在し、誠実に迷子ペット捜索を行っていること
・”ある人物”は口コミのみで迷子ペットの捜索をしていて、関西在住の飼い主が捜していた飼い猫の捜索がきっかけで出会ったこと
・実際に依頼しなくても、”ある人物”は自分の捜索経験談を包み隠さず話してくれ、無料相談にのってくれること

などを丁寧に答えてくれたそうです。

そこまでいうならばと、ブログ執筆者は”ある人物”に直接電話をしました。
そして、もしも依頼をした場合の捜索方針・実際の捜索方法・費用などを、事細かに聞き出しました。

しつこい質問にもかかわらず、”ぺット葬儀会社”の方と同様、”ある人物”は丁寧に答えてくれたとの印象を持ったそうです。
故に、ブログ執筆者は、”ある人物”に対してネガティブ要素を感じなかったので、今度は直接会って話をしてみようとお考えになりました。
急なお願いだったのですが、”ある人物”は時間を作ってくれたそうで、電話を入れたその日の夜、二人は早速顔を合わせました。

ブログ執筆者は、

・コミュニティサイトへの投稿者にコンタクトを取り、それを通じて、”ぺット葬儀会社”の方と”ある人物”についてを知ったこと
・自身の飼い猫が迷子になっていて、現在までどんな捜索をしてきたか
・今後、どういった捜索を行えばいいか

などを、”ある人物”に話しました。
ブログ執筆者はついでに、投稿者の飼い猫を捜索し、無事発見・保護に至るまでの詳細についても尋ねました。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉