新着情報

飼い猫様の窃盗 57

三件目の目撃情報電話で教えてもらった地点にも行ってみました。
A様という方のお庭での目撃情報だったので、許可なく覗き込むわけにはいきませんでしたが、やはり実際に来てみると分かったことがありました。
S君かどうかは定かではありませんが、二件目の目撃情報地点との距離や周辺立地からすると、同一の猫様だった可能性を感じたのです。

とはいえ、この場所でも、S君の首輪や抜け落ちた被毛を見つけることはできませんでした。
近辺を歩く野良猫様たちの姿を目撃することも、かないませんでした。

そのまま、近くの公園に足を運びました。
後になって、猫様たちを乱獲していた怪しげな男たちを見かけた例の公園です。

私は早速、公園の外周に沿って歩きました。
人間が使用する公園の入り口は数えるほどしかありませんが、外周は背の低い植え込みになっているので、猫様ならどこからでも出入りが可能な作りになっています。

深夜帯というせいもあってか、外周を確認中、歩行者とすれ違うことはありませんでした。
車が一台、住宅街の奥に走って行っただけです。

今度は、公園内の確認に向かいました。
緑が多く、きれいに整備された花壇などもあって、暖かい昼間に訪れたら、とても居心地が良さそうな公園です。

ただし、深い時間帯だと歩いている人もいないので、外灯だけの明るさでの一人歩きには警戒心を抱く方もいるかもしれません。
それくらい静かな公園でした。

そうなると、深い時間であれば、猫様にとっても都合の良い場所だといえるでしょう。
人間が来る日中は、住宅街のどこかで昼寝でもしているに違いありません。

私は、公園内の公衆トイレに立ち寄ってから、その付近に設置してあるベンチに腰掛けて一休みしました。
ベンチの後ろには茂みが広がっていて、時折、草木が風に揺れる音がします。

軽く見て回っただけではありますが、S君の首輪や抜け落ちた被毛を公園内で見つけることができなかった私は考えました。

S君にはまだ首輪がついているのだろうか……。
S君はそもそも、この公園内に足を踏み入れたことがあるのだろうか……。
今やS君は、この公園内を活動エリアとしているのだろうか……。
はたまた、公園以外のどこかで、ねぐらを見つけているのだろうか……。
S君の捜索現場にはじめて来たばかりの現時点では、それらのどれについても可能性を否定できませんでした。

私は、しばらくこのまま動かないでいようと決めました。
上手くいけば、S君または野良猫様の姿を見かけるかもしれないですし、S君の飼い主様に電話をしてきた、エサやリの女性と出会えるかもしれなかったからです。

〈続く〉

あなた様とあなた様の大切な存在が
今も明日もLucky Lifeを送れますように

富山桃吉